「UberEats」出前ビジネス


最近街で 「UberEats」という緑の箱を背負って、自転車やバイクで走っている男性をよく見かけます。

この UBERとは、世界で自家用車をタクシーのように使えるサービスを展開しているあのUberが、日本で始めたサービスです。

内容はいたってシンプル、Eatsというワードでもわかるように食べ物を配達している、つまり出前代行です。

Uberが色々なレストランと提携して出前サービスを請け負っているのです。

昔から有名レストランは出前はしないものですが、客の中にはぜひお取り寄せして自宅で楽しみたいと思っている人たちが少なからずいる。たとえば 妊婦のいる家庭や、小さな子供いる家庭では 高級なレストランや飲食店 に行くことに大きなハードルがあります。

行きたくてもお店に行けない人たちのニーズに応えるのがこの出前サービスです。

実はこのような出前サービスを展開している事業はこれまでも大都市にありました。ですがUBERとなにがちがうのかというと、それは配達している人たちです、実はUBERでは配達している人たちもUberと契約していて、UBERから仕事をもらって配達料を稼いでいる人たちなのです。

このように雇用(アルバイトも含めて)という形態ではなく、独立した個人との契約によってビジネスを進めていくというのがとてもUBERらしいのです。そしてこれがこれからの事業の新たな流れになるような気がします。

UBERはシステムの構築とメンテナンスを行いますが、提携レストランへの営業活動はおそらくは外部に依頼したのかもしれません。

こうしてみると、軌道に乗るまで、あるいは軌道に乗った時には余剰になってしまうマンパワーを、当初から外部に担うことで、自分たちはシステムの構築やメンテナンス、バージョンアップ、そして新たなビジネスモデルの立案という、得意分野に集中しようする意図が見えてきます。

あなたが今事業をしている、あるいは今後将来事業をしたいと思っているなら、一度事業の内容をじっくり分析して外部に何なら任せられるのかをぜひ考えてみてください。
これを突き詰めていくと本当に自分のしたいビジネスとは、何なのかがはっきりしてくると思うのです。

Follow me!