プロ志向のハンドメイド

クレーム対応のスキルがあってこそのプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手作り市で販売されている方には、ネットでのプロモーションを避けている方をよく見かけます。

最大の理由は、「ネット利用やパソコン操作のスキルがない」こと、
確かに年配の方にとってはこのハードルは高いので、最初はブログなどで活動状況をアピールしたり、新商品の案内をしていくことで新たな顧客を生み出すきっかけを作って欲しいと言っています。

私がブログが重要な理由は、購入された方に安心感を与えられることだと思っています。

実は、ネット販売をしない別の理由で
「通販はクレーム対応などに手間がかかる」と考える人が意外に多いのです。

でも、店売りだからクレーム処理がないということはないでしょう。

少し考えればわかりますが、京都観光で来た方が市で購入した後、地元に戻ってからクレームなどは言えるはずもありません。
実際にはクレームを言いたくても言えないで諦めているケースが殆んどだと思います。

そんな中、「ブログもしていますのでまた見てください、商品に何かあればメールでお知らせ下さい。」と一言加える事でどれだけ安心感を与えられるか想像してみてください。

私の体験ですが、或る手作り市で日本手拭いを手に入れたのですが、温泉施設に持参した時に酷い色落ちしていることに気がつきました。幸い浴場の洗い場で気がついてよかったものの、知らずに他の衣類と一緒に洗濯をしていたら大変なことになっていました。

この手拭いにはもちろん洗濯に関する表示も素材を示す表示などもありません。

確かめずに気軽に購入してしまった私も悪いのですが、色落ちについては販売しているプロである彼らがちゃんと注意を促す義務があると思います。

その後もその手作り市に私は何度も顔を出していますが、手拭いを売っていた方の姿を見ることはありませんでした。

プロとして長く仕事を続けたいなら、手間はかかるが顧客とのよい関係性づくりを目指す。

そこも忘れないでいただきたい。

尚トップの画像と内容とは無関係です。

次の投稿「フロンティアをめざす、それは小さな覚悟から
前の投稿「「作る」ときだけがアイデアの出しどころはではない

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加