プロ志向のハンドメイド

地方から起こるか?!起業の波

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、大学時代の仲間と飲んだのですが、皆60歳間近な年齢なって第2の人生の話で盛り上がりました。

そんな中、教師や公務員をしている男性たちは60歳の定年を機に自分で稼げる仕事をしたいと思っている人が結構いるようです。

地元では再就職ほぼは無理、体も頭も働くのにすることがなくなってしまったらどうしたら良いのかと不安を感じながら日々を過ごしている。

それで意見を求められました。

「起業や事業に関する勉強、研究、調査なら地方でも出来るはず、まずそれを始めよう。ただ希望を語るのではなく、行動しよう。」

というようなことを発言したらぜひ、起業のやり方をくわしく教えてくれないかと言われたのです。

東京や大阪には学生で起業を志すような人も珍しくないので、起業に関する情報を実際に手に入れることは容易なことですが、地方で、まして年齢が60歳に近い高齢になってくるとそういう事前の情報収集すらままならないと思いこんでいるのかもしれません。

でも今はネットを使えば簡単に起業に関する情報が手に入る時代です。

例えば実際にコンサルを受けたり、セミナーに参加したいというなら大阪、東京に出かければ良いのです、たしかに少々お金と時間が都会にいる人よりは必要になりますが、普段の生活には都会ほどの経費がかからないのですから、そういうときに自身に投資をするとういことが必要なのだと話しました。

以前、手づくり猫ハンコを制作販売をしないかと 現役のはんこ技能者のグル-プに話しを持ちかけたことがあります。
彼らは新規事業をしたいと思って勉強会等をしていたグループだったのでお声をかけさてもらいました。

初期投資の5万円(5人で割れば一人負担1万円程度)の内容だったのですが、この出費がネックになって事業にはなりませんでした。

申し訳ないが、5万円が出せないというのは間違いなく新しい事業への熱意がない人です。更にはグループで行動する人に限って自身では何も決められない始められない人だと言うこともこの時に強く感じたのです。

友人の彼には、「たった一人でもやるぞ、ぐらの熱意が自分にあるのか考えてみて。」
と言っておきましたが。次回会うのが楽しみではあります。

前の投稿「失敗から学ぶビジネスづくり
次の投稿「アイデアの整理Evernote_その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加