プロ志向のハンドメイド

写真整理が革命的に変わる?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホに慣れてくるとメモ代わりに写真を取って残すことが頻繁になってきます。
写真での保存は手軽で間違いない方法です、それでついつい取りすぎてしまいます。

だから写真整理を気をつけてやっていないと、あっという間にスマホに膨大な写真が溜まってしまい、肝心な時に写真が探せないなんてことになります。

私はスマホを使い始めたのをきっかけに写真はエバーノートに保存することにしました。

最初はちょっと手間です、スマホのアプリでエバーノートを起動させないといけないからです。でもすぐに慣れます。
もちろん普通に撮影した画像も後でエバーノートに移動させることも出来ますが、こちらのほうが面倒なので、最初からエバーノートの写真撮影モードを使います。

エバーノートを開いたらプラスボタンをタッチして新しいノートをひらきます。次にカメラ起動のボタンをタッチします。あとは写真をどんどんノートに保存することが出来ます。

1つのノートには最大25メガバイトまでデータが保存できます。

写真を取ったあとは文字入力に切り替えて、ここでノートのタイトルや説明を入れておきます。
通常の写真保存と同じで、タイトルをいれたり、タグ付けをしたり出来ます。

スマホユーザーにお勧めなのは音声での文字入力です。アンドロイドにしてもiPhone にしても音声の認識がとても優秀でほとんどストレスを感じません。

私には、これがあまりに使いやすかったので、これまで手作り市などで撮りためた写真やメモ書き等の画像、合わせて数千枚をエバーノートに移し替えることに決めました。

数千枚の写真となると、見たい時に簡単に目的の物を探せないからです。

さすがにすべての写真をいっきにに移行はできないので、順次重要な画像を優先してエバーノートに移し替えています。

そして暇があるとスマホでエバーノート開き、移行した写真にコメントやタグ付けをしたりします。

ここでエバーノートの最大の特徴であり利点をお話しておきます。

実は写真に写し込まれた文字を自動で読み取って、検索の対象にしてくれるという機能です。

たとえば領収書の画像をエバーノートに保存しておくと、日付で検索すると領収書に印字されている文字を探し出して抽出しくれるのです。

だからメモも書きもに画像でエバーノートで保存することが習慣になりました。

しかしこんな便利なエバーノートを使っていると困ったことに気づきます。入力もお喋りでできてしまうので、日常でペンで字を書くことがほとんどなくなってしまったのです。

先日、あるビジネスセミナーに出たときにノートにメモをしようと思ったらちゃんと字が書けないという事に気が付きました。

2時間のセミナーが終わる頃に漸く文字がちゃんと書けるようになりましたが、これはこれで困ったなと思った次第です。

前の投稿「アイデアの整理Evernote_その1
次の投稿「地方から起こるか?! 起業の波_その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加